ビジネスモデルってなに?【海外起業の準備 Step 4】

海外起業の準備Step2での ビジネスアイディアがでてきたら、次は起業する(ビジネスをはじめる)ための ビジネスモデルを構築していきましょう。

「ビジネスモデルの構築」というビジネス初心者の方にとっては難しいように感じるかもしれませんが、誰に(Who)、何を(What)、どのように(How)を具体的にすることです。

ビジネスモデルを考える時の全体像は?

ビジネスモデルキャンパスって聞いたことありますか?
A4一枚のサイズにビジネスモデルを考える際の9つの項目を
記入し、一目でビジネスモデル全体を視覚的に把握できるものです。
下記が Business Model Canvas で世界基準で取り入れられている Visual Chart です。

これは、私がニュージーランドの大学でマーケティングを勉強していた時に知りました。

ビジネス初心者の方が9つの項目を考えるのは難しいので、まずは下記のイラストの色がついている部分から取り組みましょう。

 

ビジネスモデルを考える際の4つのステップ

ステップ①お客さまはどんな人ですか?

お客さま層を具体的にイメージできますか?

日本人ですか?外国人ですか?

たとえば、年齢、思考、生活習慣、家族構成、仕事、年収など。

どんなことを解決したいと思っているか?

 

ステップ②何を提供しますか?

あなたが提供できる商品・サービスは?

どんな価値をお客様に提供できますか?

その特長、価格、他者(社)との決定的な違いは?(市場における差別化、セールスポイントや、あなたの実績など)

 

ステップ③どうやってお客さまに提供しますか?

あなたは、どうやって(どこで)商品サービスを提供しますか?

どこかの場所を借りて、起業をするのか?

それとも、モバイルでお客様のもとへ伺うのか?

インターネット上で提供するのか?
たとえば、私の場合は無形のサービス(ノウハウ)をオンライン無料電話を使いながら提供しています。

 

ステップ④お客さまとの関係づくり(Customer Relationship)

どうやってお客さまとの関係性を構築、維持、展開していきますか?
たとえば、対面での親身なサービス、それともメルマガなどのオンライン上での自動化された仕組み?一度きりの取引か、または継続型か? 私は、日本語教室の事業ではオンライン動画(英語ではTutorial )を生徒さんに提供しています。

 

やっぱり難しかったら、まずは何から?

このビジネスモデルを構築することは、起業準備において一番重要なことです。

そうはいっても、今までご相談頂いた方や、私自身の体験も含めて具体的にするのって難しいですよね。よく、分かります。そもそも、ステップ①の「誰に」を明確にするのがなかなか考えこんじゃいますよね。

そんな時はね、一度に、完成させようとしないこと。リサーチしながら、多面的に検討して「これなら大丈夫だ」と納得できるまで徹底的に追及することをオススメします。

そして、①の「誰に?」が変わると、②と③も変わってきますよ。
たとえば、ママ向けネイルサロンと、都会の会社員向けネイルサロンでは予約をお受けする時間帯や利用頻度も変わってくると思いませんか?

まずは、どんな方にお客さまになってほしいかのステップ①から考えてビジネスモデルをブラッシュアップさせてきましょう。

 

【海外在住者向け無料メール講座をはじめました】

「海外で自分らしくビジネスをはじめる、仕事が楽しくなる海外独立ライフスタイル」それ、いいかも。と思ったらぜひご登録ください。受講された方には、特別な条件でコンサルを受けていただけるオファーがありますよ!まずは、そんな未来への一歩を踏み出してみませんか?

1ink期間限定の特典を用意してあなたのご参加をお待ちしています。

神奈川県(湘南)出身, Auckland在住。ビジネス初心者向けにインターネット集客の仕組みを味方に「喜ばれるビジネス基盤づくり」の支援をしています。「選ばれる起業家になる秘訣」の意味は、【ネット検索から選ばれる】と【良いサービスだから選ばれ続ける】の両面を目指すコンサルティングを提供しています。海外在住の方から日本在住の方まで、どこにお住まいでもインターネットの無料電話を利用して丁寧にサポート致します!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *