経営のタイプは?個人事業主(Sole Traders) or 会社? 【海外起業の準備 Step 5】

あなたはどんな形でビジネスをはじめますか?

海外起業では、どういった手続きがあるか確認しておきたいですよね。そこで、ニュージーランドでの、経営のタイプと、個人事業主の税制度についてお伝えします。

ニュージーランドでは以下のストラクチャーがあります。

  1. Sole Traders (個人事業主)
  2. Partnerships (パートナーシップで主にご夫婦など二人以上の経営者向け)
  3. Limited Liability Companies(会社)
  4. Trading Trusts (家族信託やマオリ信託などの経営)
  5. Look-Through Companies(LTCsという形の経営で不動産投資ビジネスなど)

あなたのビジネスがどのくらいの売上を予想するか、また、どういった形ではじめるかによって経営のタイプはことなります。

どれが一番合っているかは、あなたのビジネスによります。
2~4のタイプは法的な契約書が絡んできますので専門家のアドバイスが必要になります。

年収を基準とした例を一つご紹介しますね。

たとえば、NZ$48,000-以下ですと、Personal tax rate (個人税率)が適応されて、これは会社の場合の法人税よりは低くなります。


(出典 : IRD website )

この税金をちょっとお試しで計算してみましょう!
最初の $14,000 までは 0.105 x$14,000  =  $1,470.00-
次の $14001~$48000までは 0.175 x$34,000= $5,950.00-
上記2つを合計すると個人事業主だとタックスは $1470+$5950 = $7,420-となります。

一方、会社ですと法人税は利益額に関係なく28%となり、上記の$48,000-とすると
0.28 x$48,000 = $13440となります。

たとえば、翌年に$7000の利益 が予想されてたとします。その場合でも、
支払う税は個人事業主の方が法人税よりは安くなります。

個人事業主と会社はそれぞれメリットとデメリットがありますので
収入面だけでなく、それぞれの特徴を考慮したうえで、経営タイプを決めましょう。

 

【海外在住者向け無料メール講座をはじめました】

「海外で自分らしくビジネスをはじめる、仕事が楽しくなる海外独立ライフスタイル」それ、いいかも。と思ったらぜひご登録ください。受講された方には、特別な条件でコンサルを受けていただけるオファーがありますよ!まずは、そんな未来への一歩を踏み出してみませんか?

1ink期間限定の特典を用意してあなたのご参加をお待ちしています。

神奈川県(湘南)出身、ニュージーランド在住。海外在住の方が海外起業で豊かな人生を手に入れるための支援をしています。これからの私のテーマは…私が今まで培ってきた日本と海外での経験や知識をベースに「多彩な起業家が国境を越えて広まり、仕事が楽しいと感じる日本人を増やす!」ことです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *