費用対効果ってなに?客観的思考をもつトレーニング

みなさんは、広告にどれくらい費用をかけていますか? 「費用対効果」とは、かけた費用に対してどれくらいの効果があるかをさします。

ビジネスを上手くまわしていくために知っておくと役立つことの1つが「お客様の一人あたりの広告費」を把握することです。オンラインビジネス上で参考になる、CPO (Cost per Order)という評価の仕方をご紹介します。

例えば、オンラインショップでは下記のような宣伝の方法がいろいろあります。

  • バナー広告
  • リスティング広告
  • Facebook広告
  • 懸賞など

これらを試してみて、どの広告が一人のお客様を獲得するために一番安いかを把握することです。広告宣伝のコストだけを比較しても意味はありません。どの媒体にいくら投資して、何人のお客様が買ってくれたかを分析するのです。

これをやっている人と、やっていない人では利益に差がでますので、ぜひあなたもチャレンジしてみて下さいね。

では、どう計算するかご説明します。

CPO (Cost Per Order)とは
「お客様ひとりあたりの広告費」

この計算式は

広告費 ÷ 購入のお客さまの人数

で算出します。

例えば、$500の広告費をかけて、10人の方が購入してくれたら、CPOは$50.00-となります。($500÷10人)

そして、そのお客様一人あたりの単価が$120(コスト$60とする)だと利益が$60となります。この利益60ドルからCPOの50ドルを差し引いた金額が$10のあなたの利益となります。$10だと少なく感じるかもしれませんが、次に下記のように考えてみて下さい。

Q.この新規のお客様がまたリピートして同じものを購入してくれたら利益はどうなる?

A.今度は、$60がそのまま利益となります。

このように、客観的に数字で広告費をみると次にどの広告媒体を使おうかといったマーケティング戦略ができますね。

ただ、注意して頂きたいことが、雑誌掲載や紙媒体のチラシなどだとCPOを算出しづらい場合があります。最初はどれがいいか、あれもこれもに宣伝費をかけるよりは、順番に試しながら結果をみていく方法をおすすめします。

また、お客様にどう見つけたか?How did you find us? というようにオンライン上で質問を追加したり、直接会える場合は聞いてみるのも1つの方法ですね。

ぜひ、費用対効果を分析して、あなたのお仕事にあった宣伝方法を探ってみましょう。

 

【海外在住者向け無料メール講座をはじめました】

「海外で自分らしくビジネスをはじめる、仕事が楽しくなる海外独立ライフスタイル」それ、いいかも。と思ったらぜひご登録ください。受講された方には、特別な条件でコンサルを受けていただけるオファーがありますよ!まずは、そんな未来への一歩を踏み出してみませんか?

1ink期間限定の特典を用意してあなたのご参加をお待ちしています。

神奈川県(湘南)出身、ニュージーランド在住。海外在住の方が海外起業で豊かな人生を手に入れるための支援をしています。これからの私のテーマは…私が今まで培ってきた日本と海外での経験や知識をベースに「多彩な起業家が国境を越えて広まり、仕事が楽しいと感じる日本人を増やす!」ことです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *