海外で仕事が出来る英語力とは?

受講生さんから「どれくらいの英語力が必要か?」というご相談を受けました。

必要な英語力はあなたがどんなお仕事をするかや、あなたの立場(Employee or Employer) によって異なります。
あなたはご自身の英語力に自信がありますか?

ご参考までに英語力の目安をお伝えします。

現地の方を相手にした仕事 TOEIC 850点以上

英語がネイティブである現地の人と、ビジネスの商談や交渉をするときは高い英語力が必要になります。また、論理的に話すコミュニケ―ション力も求められるでしょう。

私は、現地企業で働いていたときは社内会議など内容を理解するのに苦労しました。TOEIC のスコアをあくまでも目安として記載しましたが、TOEIC 試験のリスニングのような話し方をする人は実際あまりいません。。ネイティブはやっぱりスピードが違う!!と実感しましたね。

 

技術職(シェフ・美容師・ネイリスト・マッサージ師など手に職のお仕事)TOEIC 600点ぐらい

スキルが求められる職では専門用語と日常会話ができれば業務はできるでしょう。

経営者という立場から考えると、前述した現地の人と交渉するとき(賃貸契約や、サプライヤーとの打合せなど)は高い英語力が求められますがね。ただし、そういった英語力が本当に必要な機会のときには「英語が出来る人を使う(雇う)や一時的に頼む」という選択肢もありますね。

 

日本人を相手にしたお仕事

あいさつ程度の英語力でも大丈夫。

たとえば、日本人に人気の観光地などで日本人のみをお客様としてお仕事するならばあいさつ程度の英語でも大丈夫でしょう。

 

直接法で教える日本語教師

学習者の理解できる言語を使わずに、日本語で日本語を教える方法です。これは英語力はあいさつ程度でも大丈夫ですが、日本語が分からない外国人にどう日本語を教えるかという教えるスキルが必要です。

※言語を学ぶ方法は直接法と関節法があります。たとえば、日本の学校で学んだ英語は日本語で説明される方法(学習者が分かる言語)なので関節法にあたります。ちなみに、私はニュージーランド人に関節法で日本語を教えていますので、英語を毎日使います。

【まとめ】

TOEIC のスコアはあくまでも目安です。いくら英語の試験のスコアが高くても、実際に英語が使えなきゃ意味ないですしね。

一方で、トイックスコアが関係なく、上手に英語でコミュニケーション、意思疎通ができる人も存在します。

英語はできるに越したことはありませんが、仕事の内容によって求められる内容やレベルが異なってきます。肝心なのことは、相手に「何を言っているのか分からない」という混乱を与えずに、きちん現地の人とコミュニケーションがとれるかということです。

 

【海外在住者向け無料メール講座をはじめました】

「海外で自分らしくビジネスをはじめる、仕事が楽しくなる海外独立ライフスタイル」それ、いいかも。と思ったらぜひご登録ください。受講された方には、特別な条件でコンサルを受けていただけるオファーがありますよ!まずは、そんな未来への一歩を踏み出してみませんか?

1ink期間限定の特典を用意してあなたのご参加をお待ちしています。

神奈川県(湘南)出身、ニュージーランド在住。海外在住の方が海外起業で豊かな人生を手に入れるための支援をしています。これからの私のテーマは…私が今まで培ってきた日本と海外での経験や知識をベースに「多彩な起業家が国境を越えて広まり、仕事が楽しいと感じる日本人を増やす!」ことです。

One thought on “海外で仕事が出来る英語力とは?

  1. えいご says:

    あるデータで英語力のある女性は、平均年収を大きく上回ると結果がでていました。それから、TOEIC の勉強をして高得点を取得しました。ただ、英語が喋れるかというと、ちょっと自信がありません。そういった場合は、やはり海外に飛び出すのがいいのでしょうか?

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *