最低限おさえておきたい”Trade Me”物販での5つの要素

あなたはTrade Me(トレードミー)をご存じですか?
トレードミーはSam Morganの会社でニュージーランドで一番利用される物販サイトです。日本でいう「ヤフオク」と「楽天」を掛け合わせたようなサイトです。

トレードミーを商業用に利用する場合に抑えておきたい5つの要素をお伝えします。

1.In Trade Disclosure (商業用の開示)

自分のプロフィールにIn Trade と入れること。これはFair Trading Act 1986という法律で商品を販売する人は「トレードしていますよ」と開示しなければいけないと決められています。

そうすることにより、買い手は、その売り手から買うことはConsumer Guarantees Act (消費者法) のもとにあると知り安心できますからね。

では、どうやってIn Trade を示すか?

【手順】My Trade Me Page →More Option→ In Trade Status  に行きチェックを入れる

2.支払い方法にPay Now を追加した方が売上アップ?!

Pay Now(即クレジットカード払い)を追加すると、お客様はクレジットカード決済ができるようになります。私の経験上、Pay Nowを追加して売上が上がりました。

これはTrade Meを経由するので安心してお買い物ができるという買い手のメリットがあります。一方で、売り手は売上から手数料が差し引かれます。売上の1.95%が手数料になります。

この1.95%の手数料はSuccess Fee (売買成約コミッション)よりも高い割合なので値決めで注意が必要です。

Pay Now の手数料をふまえた上で、Pay Now を追加するとよいでしょう。

3.あなたのトレードミーアカウントはゼロにならないように注意!

トレードミーの商品掲載でアカウントがゼロだと掲載に進めません。アカウントのバランスが宣伝費などで、気づかないうちにゼロになることもあります。

せっかく、頑張って英語で書いた商品説明も途中になってしまうと残念ではありませんか?売るタイミング逃さないためにもアカウントには常にクレジット(お金)を入れておきましょう。

お客さまから、いつ「あれ、またほしい」や「これある?」といった問い合わせがくるか分かりません。だからこそ、売る側はいつでも掲載できる環境を整えておくことが売上につなげるために必須です!!

4.Brand New(新品)をアピール

掲載の最初にBrand New をアピールしておきましょう。実は、何個も掲載していると、同じ操作の繰り返しで見落とすことがあります。しかも、このチェックのサイズが小さいしね。

そして、あなたの商品説明にもBrand New を記載しましょう。トレードミーは中古品の販売も多いので、区別をハッキリさせるためです。

5.商品の過剰Salesは要注意

Amendment Act 2013というサービスや商品に関する法律で、根拠のない商品の過剰なセールスをすることは違法です。

例えば…
「Customers can expect to lose 7 kgs per week (このお茶は一週間で7kg痩せます)」

といった説明を根拠なしに伝えたり、
Eco(エコ)という言葉も根拠なしには使うことはできません。
もし、消費者からクレームがあったら証明するために
リサーチしたりすることになる大変ですよ。

わたしはオーガニック製品を販売していたときは、オーガニックの証明書を画像で掲載していました。(写真参照)

これらの5つの要素を押さえて、
もしあなたがニュージーランド在住なら物販にチャレンジ?!してみましょう。

 

【海外在住者向け無料メール講座をはじめました】

「海外で自分らしくビジネスをはじめる、仕事が楽しくなる海外独立ライフスタイル」それ、いいかも。と思ったらぜひご登録ください。受講された方には、特別な条件でコンサルを受けていただけるオファーがありますよ!まずは、そんな未来への一歩を踏み出してみませんか?

1ink期間限定の特典を用意してあなたのご参加をお待ちしています。

神奈川県(湘南)出身、ニュージーランド在住。海外在住の方が海外起業で豊かな人生を手に入れるための支援をしています。これからの私のテーマは…私が今まで培ってきた日本と海外での経験や知識をベースに「多彩な起業家が国境を越えて広まり、仕事が楽しいと感じる日本人を増やす!」ことです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *