英語で提案するときの言い回し

英語で提案するや、ちょっとしたアドバイスをするときに使える便利な6つの表現をお伝えします。

ぜひ、あなたの状況にあった表現を使ってコミュニケーション力をアップしてください。

  1. How about ….(~はどうですか?)
  2. I wonder if we should …
    (私たちが~したら、どうかなと思っているんだけど)
  3. Maybe we could…(たぶん~ができるでしょう)
  4. It might be a better idea…(~した方がいいよ)例文: It might be a better idea to change this document.  (この書類変えたほうがいいかもね)※You need to change だと強く感じるので、こちらの方がやんわり伝わります。
  5. This is a suggestion, what do you think?(ちょっと提案だけど、どう思う?)
  6. Can you think of another way we could do this?(他に私たちができる方法が思いつきますか?)

 

【海外在住者向け無料メール講座をはじめました】

「海外で自分らしくビジネスをはじめる、仕事が楽しくなる海外独立ライフスタイル」それ、いいかも。と思ったらぜひご登録ください。受講された方には、特別な条件でコンサルを受けていただけるオファーがありますよ!まずは、そんな未来への一歩を踏み出してみませんか?

1ink期間限定の特典を用意してあなたのご参加をお待ちしています。

神奈川県(湘南)出身、ニュージーランド在住。海外在住の方が海外起業で豊かな人生を手に入れるための支援をしています。これからの私のテーマは…私が今まで培ってきた日本と海外での経験や知識をベースに「多彩な起業家が国境を越えて広まり、仕事が楽しいと感じる日本人を増やす!」ことです。

One thought on “英語で提案するときの言い回し

  1. 初心者向け英語 says:

    グローバル化が激しい時代、アジア人が英語での学問を習得するには、「急がば回れ」がポイントなんです。英会話マスターで最も重要な事は、何回も何回も繰り返すことだと言われますが、それは、構文を覚えるからなんです。。
    もっとも基礎的な英語力でも通じるのは、一般的な英会話の文章のほとんどが、もっとも基本的な英語文章が使われているからです。
    英会話を習熟していく方法は驚くほどに十人十色ですから
    、是非自分にとって最適なものを探し求めるようにしていってください。完全に覚えてしまった英語の語彙や英語力を発揮するのを続けていくのは難しいですが、積極的にアウトプットすることで十分可能となると思います 。
    ボキャブラリが弱いとTOEICや英検などでの理想のスコアや現地での実戦で本当に不利となります。
    英会話文章には色々なフレーズがありますので、普段から多くに親しむように意識しておくのがよりベターな方法です。例を挙げれば、英語での会話能力を高めることは世界と自分の趣味が連携されていくことですからメリットのあることですね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *