お金のストレスフリーになれる3つの方法

「お金のストレスから解放されたい」とあなたは思っていますか?買いたいものを我慢したり、毎月、家計簿を見つめながらどこを節約するか考えるのはストレスですよね。そういったお金のストレスをなくしたいと思う方は、これからご紹介する3つの方法を持つことをお勧めします。

1.複数のキャッシュポイントをもつ

あなたの収入源はどこですか?お金を大量に稼ぐ人は、複数のキャッシュポイント(収入口)を持っていることが多いです。会社員のように、1つの収入に頼っている場合は限界があります。また、会社だけに頼る人生になり精神的に余裕が持てなくなることもあるでしょう。

一方で、複数のキャッシュポイントを持っていると、1つがたとえ失敗してしまっても、複数あるので気持ちにゆとりが持てます。今、あなたが会社員で1つのキャッシュポイントだけならば、これから複数にしていくと良いでしょう。会社員のうちから、あなたの好きな(得意な)ことで何か投資や副業を始めてみたらどうですか?

私自身も日本で会社員の時は1つのキャッシュポイントだけでした。しかし、海外移住をしてニュージーランドで起業して2つの事業(コンサル業と日本語教室)と副業(翻訳や投資)を行うことでお金のストレスフリーに近づいています。

2.雇用される労働者を抜け出す

労働者だけの人生を送っている限りはお金に制限があります。また、お金に対するメンタルブロックがあなたが気づかないうちに生じていることもあるでしょう。たとえば、会社員の親を持って育つと会社員として働くことが当たり前だと思ってそのまま人生を過ごす傾向があります。(実際、私自身は父親が会社員で母親が公務員の家庭で育ったので、雇用されてお金を得るのが当たり前だと思い込んでいました。)

雇用される労働者は、基本的には年収が決められてしまうので、その範囲内でのお金の使い方になります。日本女性(大卒)の生涯賃金は職種にもよりますが、平均は約2億円です。生涯賃金とは、60歳まで働いた賃金総額です。
単純に22歳から会社員で38年間定年まで働いたとしても平均年収は530万円ぐらいです。それが多いか少ないかは人それぞれの価値観です。

もしあなたが会社員ならば、理想のライフスタイルにかかるコストが、あなたの年収を大幅に超えれば良いのです。つまり、送りたい生活スタイル<収入 の算式。その算式が会社員のままでもなりたつならば、お金のストレスフリーになれる可能性はありますが、難しいならば起業を人生の選択肢の1つにいれてみたらどうでしょうか。

3.不労所得をもつ

辞書によると・・

不労所得とは、働かないで得る所得。利子・配当金・家賃・地代など

あなたは不労所得を持っていますか?収入を得たら、それをもとに将来的に不労所得にシフトしていくよう計画を立てましょう。働かないで得られる収入は一番心強い「お金のストレスフリー」です。なぜならば、あなたがケガや病気になっても所得は生まれていくるのですからね。

でも、具体的にどんな不労所得を持つのか?これらが不労所得になります。

  • 購入したアパートを賃貸物件として家賃収入
  • 株式投資(企業の発行株を購入し、株価が上がった時に売る)
  • You Tube やブログなどの広告収入(Google アドセンスやアフィリエイト)
  • システムを構築して、月額利用料
  • 仮想通貨のマイニング
  • 印税(本の出版や翻訳)

どれも簡単ではありません。しかし、あなたも自分の力で稼げるようになったら次のステージは不労所得を持つようにシフトしていくことをおすすめします。そうすると、あなたの自身の労働時間が減り、他のことに時間を使えるようになります。そして、お金のストレスフリーになれますよ。

【海外在住者向け無料メール講座をはじめました】

「海外で自分らしくビジネスをはじめる、仕事が楽しくなる海外独立ライフスタイル」それ、いいかも。と思ったらぜひご登録ください。受講された方には、特別な条件でコンサルを受けていただけるオファーがありますよ!まずは、そんな未来への一歩を踏み出してみませんか?

1ink期間限定の特典を用意してあなたのご参加をお待ちしています。

神奈川県(湘南)出身、ニュージーランド在住。海外在住の方が海外起業で豊かな人生を手に入れるための支援をしています。これからの私のテーマは…私が今まで培ってきた日本と海外での経験や知識をベースに「多彩な起業家が国境を越えて広まり、仕事が楽しいと感じる日本人を増やす!」ことです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *